Top page 会社の概要 ドリップコーヒー製造
デジタルフルカラー印刷 3点式ドリップコーヒー
2点式ドリップコーヒー
伏流の名水コーヒー 食品ギフト企画 いいともあいちの応援 ギフト製品一例 酵素焙煎珈琲 お客様ご紹介
今話題のフルカラーフィルム デジタル印刷については


 
あなたがが丹精込めて焙煎した自慢の本当においしいコーヒーをドリップコーヒーにしませんか?本物志向のオリジナルドリップコーヒーを作りましょう。
お手軽に飲める簡易型のドリップコーヒーは年々需要が増えています。
ドリップコーヒーを作りたいとお考えの方は、メールあるいはお電話にてお問い合わせください。
お問い合わせは TEL052-773-1510 
victoria-001@victoria-c.co.jp

ドリップコーヒーの受託製造はわずか10kgのコーヒー原料をお送りいただければ小ロット低コストで当社オリジナル汎用フィルムをご使用頂けます。
コーヒー原料の手配ができない場合は当社のコーヒー原料をお使いいただきます。
【汎用フィルム使用例


新しい販売先確保もいろいろなご提案できます!
名刺代わりにドリップコーヒーは贈って喜ばれる人気商品!
裏面に宣伝用キャッチフレーズ、お名前など5cm以内に印刷可能
企業の宣伝用ノベルティ―などにも社名印刷をして最適商品です。
新製品汎用フィルム 内装材二点掛、三点掛けいずれも同一デザイン。
今話題のフルカラーフィルム デジタル印刷について
オリジナルデザインでフルカラー印刷の小ロットわすか125m約1000袋から受託製造可能です。
オンディマンド印刷により版代は不要で新規商品、試作品など少量生産に最適。

デジタル印刷のメリット
そして話題のオンディマンド印刷によるフアルミ蒸着フィルムは1000袋から版代不要なオリジナルフルカラー印刷が可能です。
版代は不要ですがデザイン基本データをご提供ください。
(例)フィルム最低125m(1mでドリップコーヒー約8袋できあがり)以上あればオリジナルデザインのドリップコーヒー製造が可能です。
(例)8種類のデザインで1000mのフィルムを使用すれば1アイテム各125m使用する場合は仕上がり数量は1250×8=各1,000袋となります。
8種類のデザインのドリップコーヒーができることになりますので、賞味期限と在庫の心配なく販売できる最適な方法でもあります。

@版の制作が不要、版の寿命落版によって生じる維持費削減ができる。実際の原紙で製品印刷時の仕上がり試し刷りが可能。 A小ロット製造ができる。新規商品、試作品、ノベルティなど少量生産に最適。
B製品データ保管が容易。パソコンなどにデータとして色、形状などの情報が残せる。 Cデザイン変更が容易。
詳細についてはお問い合わせください。